00-The Coolest Culture in Japan Is Not, Movies, Advertisements, or Anime but Underground Rap Music Videos(日本では、映画よりも、CFよりも、アニメよりも、ラップのアンダーグラウンドなMVが一番イケている)

取材&文=北尾修一(百万年書房)

Hello、你好、처음 뵙겠습니다、はじめまして。

From Shibuya, Tokyo, this is publisher “Million Years Bookstore”, reporting on the latest Japanese news. From this episode on, we will be writing on Japan’s coolest cultures. By all means check us out!

Hello、你好、처음 뵙겠습니다、はじめまして。
こちらは東京・渋谷の出版社「百万年書房」がお届けする最新日本情報です。
これから毎回、日本で一番イケているカルチャー情報をお届けしていきます。ぜひチェックよろしくお願いします。

There seems to be a lot going on among the high officials of our countries, but for us neighbors in the same East Asian region let’s do our best to get along!

国の上のほうの人たちはいろいろあるかもしれませんが、同じ東アジアに暮らす者たち同士、私たちは仲良くやっていきましょう。

====

So, in honor of our first episode of this series, we are going to introduce you some music videos.

さて。記念すべき第1回目にご紹介するのは、ミュージックビデオです。

When speaking about cultures originating in Japan, Harajuku’s Kawaii culture and Otaku culture are very often brought up. However, those are part of the “Cool Japan” initiative that Japan’s Ministry of Economy Trade, and Industry’s has been pushing. In other words, those aren’t Japan’s cutting edge cultures.

日本発のカルチャーといえば、原宿のKAWAIIカルチャーやオタクカルチャーが紹介されることが多いですが、それは日本の経済産業省が「クールジャパン戦略」として推し進めていること。つまり、日本の最先端な文化ではありません。

Right now the hottest thing in Japan are rap music videos. That is where the cutting edge of visual expression is. On top of that, these rappers are not represented by major record labels. Ordinary young people living in rural areas started rapping, and after some time, started sharing more and more really interesting videos.

いま日本で一番ホットなのは、ラップのミュージックビデオです。映像表現の最先端が、ここにあります。しかも、彼らはみなメジャーなレコード会社に所属しているのではありません。地方在住の普通の若者たちがラップを始め、数日後にはどんどんYouTubeにUPしている映像がものすごく面白いのです。

Not just in Japan, hip-hop culture and video expression are connected to one another. A new song released = a new music video being released in the hip-hop world. This is also true in Japan. Therefore, young rappers use smartphones or handheld cameras to record and release more and more videos. These sorts of works are increasing in the present moment. Punk rock’s DIY spirit lives on in this form and shape.

日本に限らず、ヒップホップと映像という文化はお互いに結びついていますよね。新曲を公開する=新しいミュージックビデオを公開する、が当たり前の世界。それは日本においてもそう。だから、若いラッパーたちがスマホのカメラや手持ちの機材でどんどん映像を撮って、どんどん公開していく。現在進行形でそういった作品が増殖中です。パンクロックのDIY精神は、こんなところに受け継がれているのです。

But, unlike other countries in Asia, Japan’s rap scene even now is limited to just a Japanese audience. There are not many people transcending the Japanese language barrier. Except for a few exceptions like KOHH, the ability to make it abroad is low. There are lots of strange music videos that can only be found in Japan but I want more people overseas to see them. From that feeling, I made a list of some music videos.

ただ、他のアジアの国々と違って、日本のラップシーンはいまだ内向きです。日本語の壁を乗り越えて世界に出ていく人は多くありません。KOHHのような一部例外を除けば、まだまだ発信力が低い。せっかく日本でしかありえない奇妙なミュージックビデオがたくさん作られているのに、もっと海外の人にも観てほしい。そんな気持ちから動画のまとめを作ってみました。たとえばこんな感じです。

This is just a quickly shot video in Yamashita park, a sightseeing spot in Yokohama City. A make-or-break feel of idea and mood. “Feeling that you are watching friends’ videos” is the real pleasure of rap music videos.

横浜の観光名所・山下公園でさっと撮っただけ。アイディアとノリ一発勝負。この「友達の動画を観ている感覚」がラップのミュージックビデオの醍醐味ですよね。

“I am glad that there is a newly built shopping mall called AEON in the town I live”, a music video just for showing love to the Japanese countryside. I’m pretty sure the scenes inside the store were shot guerilla style without permission.  

「自分の住む街に、イオンというスーパーが出来て嬉しい!」というだけの田舎礼賛MV。店内は当然ゲリラ撮影だと思います。

I wonder what people in countries that don’t know of convenience stores would think if they saw this. I’m really curious. Since long ago, it’s become like a custom in Japan that troublemaking kids would gather in the parking lots in front of convenience stores in the dead of night. Even now you can still buy erotic books anytime 24 hours a day.

コンビニを知らない国の人がこれを観たらどう思うのか? とても興味あります。日本では昔から、悪い子たちは夜中にコンビニ前の駐車場にたまる慣習があります。あと、日本のコンビニでは、いまだにエロ本が24時間いつでも買えます。

Covering a small vehicle with a lot of cardboard, this video was made with a simple, single idea “Lamborghini ≠ Damborghini (damboru = cardboard)”. Similarly, the second video praises mamachari (a Japanese ordinary bike, literally means mother’s bike) rather than a luxury car. Both are by the group known as SUSHIBOYS. Although they have great rap skills, the subject matter is shit. (To me, being “shit” is great in this context.)

軽自動車に段ボールを貼り付けて「ランボルギーニ≠ダンボルギーニ」というアイディア一発勝負のビデオ。同じく、高級車ではなくママチャリを褒めたおすビデオ。どちらも同じSUSHIBOYSというグループの作品ですが、ものすごくラップが上手いのに内容はとことんくだらないところが良いです(くだらない、は私にとって最上級の褒め言葉です)。

There is nothing here that needs any explanation. Please forget this as soon as you see it everyone.

特に説明することはありません。みなさんも、観たらすぐに忘れてください。

Why is he naked in both videos? I don’t get it. But, the image of his bare body is somehow strongly addictive. If you were to ask me whether this rapper dodo is kimoi (gross but also sounds like kill more it) or swaggin, I would say he’s swaggin. But what about in your own country?

なぜ2作品とも裸なのか? 意味がわかりません。けれど、強烈に癖になる映像。このdodoなるラッパーをキモいと思うかイケてると思うか問われれば、私はイケていると思いますがあなたの国ではどうですか?

Japan’s leading music video in 2017. With this one song JP THE WAVY made a breakthrough. It goes without saying, this video was shot guerilla style in the heart of Shibuya.

2017年の日本を代表するミュージックビデオ。これ1曲で、JP THE WAVYは一躍時の人となりました。言わずもがなですが、渋谷の中心でゲリラ撮影された作品です。

In response to the popularity of the aforementioned song “Cho Wavy De Gomenne Remix feat.SALU”, adult video actress Kirara Asuka made this parody video. If you have friends who understand Japanese, please ask them to translate the lyrics!

上記の曲が流行ったことを受けて、AV女優・明日花キララさんが発表した動画。日本語がわかるお友達がいたら、ぜひ歌詞を訳してもらってください!

(Sorry for being extremely otaku)

A bonus video. Actually, this parody was released before Kirara Asuka’s but the introduction order has been reversed. (I just couldn’t help it.)

おまけ、です。本当はこちらがAV女優・明日花キララさんのビデオの前に発表されているのですが、紹介の順番はつい逆になりました。

What did you think?

いかがでしたでしょうか?

There are still many genuinely cool songs or rappers to check out that I would like to introduce but this time was just an introduction of “Videos I want you to watch.”

純粋に「かっこいい曲」「チェックすべきラッパー」となると、まだまだ紹介したい曲や人はいくらでもありますが、今回はあくまでも「映像として観てほしいもの」の紹介でした。

Next time you will see an interview with a group that I included in today’s list, SUSHIBOYS. See you next time!

次回は、今回の中からSUSHIBOYSへのインタビューをご覧いただきます。
ではまたまた!

北尾修一(きたお・しゅういち)

1968年京都府生まれ。編集者。株式会社百万年書房 代表。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

Twitter

  1. 日本の出版界にいるとどうしても発想が国内限定になりがちなのですが、Webだしこういうテストもやってみようかなと。https://t.co/MOFkaEDUyJ

  2. 『何処に行っても犬に吠えられる』Episode04、今日からスタートです。本日公開分は前フリですが、テスト的にバイリンガル形式で掲載中です。ぜひ英語と日本語を読み比べてお楽しみください。日本の面白いMVを海外に届けたいので、みなさ… https://t.co/BOuifg2Q1L

  3. 【本日スタート】『何処に行っても犬に吠えられる』Episode04、公開開始。本日公開分は前フリですが、テスト的にバイリンガル形式で掲載中です。ぜひ英語と日本語を読み比べてお楽しみください。日本の面白いMVを海外に届けたいので、R… https://t.co/libQWhhdcw