しょぼい喫茶店の本08-自分に一番期待していたのは……

2019年03月03日 夕方公開終了

文=池田 達也

公開は終了しました

池田 達也

1994年長野県生まれ。上智大学文学部卒業。在学中、アルバイトや海外留学をするもどれも中途半端に終わる。働きたくない、働けないと思いつつも、「普通」というレールから外れまいと2017年3月に就職活動を開始。ダメな自分を隠しながら就職活動を続けるが、結局すべての企業から不採用にされてしまう。その後、一時は部屋から起き上がれない、布団から出られないという状態になるも、友人の温かさやインターネットで見つけた多様な人生のレールに希望を見出す。そして、えらいてんちょうのしょぼい起業に触発されしょぼい喫茶店の開業を志し、ツイッターで開業資金の100万円を募り、即日でそれを調達。当時激務からうつ病を患い、鹿児島の実家で療養していたおりんさんもツイッターやブログを読んで共感し、上京。出資から約40日後の2018年3月にしょぼい喫茶店を2人で開業。開業までの経緯からインターネットを中心に反響を呼び、紆余曲折ありながらも経営を軌道に乗せる。2018年11月に店員のおりんさんと結婚。2019年1月には約半年間お店をサポートしてくれたスタッフの独立資金として、前年に出資を受けた開業資金の100万円をそのまま出資。現在はしょぼい喫茶店を経営しつつ、しょぼい起業への投資やコンサルティングも行なっている。2019年4月10日、『しょぼい喫茶店の本』(https://amzn.to/2SmXckG)刊行。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

Twitter

  1. 「就職活動がうまくいっていなくても、こうやって一緒に話して一緒に笑ってくれる友人がいて、僕はそれをすごく楽しいと思っている。就職活動がどうのなんてことは、今この瞬間が楽しいということとは無関係なんだ。」

    #しょぼい喫茶店の本

    https://t.co/OJ16uS6bbj